RSS2.0
今日は10月生まれの子どもたちと先生のお誕生会でした。 年少児2人、年長児2人、先生1人の5人を みんなでお祝いしました。 入場した後、みんなで「ハッピーフレンズ」を歌いました。 プレゼントを受け取った後の自己紹介では、 温泉の人や電車の運転手、コックさんやケーキ屋さん、 パンケーキ屋さんになりたいそうです。 夢がかないますように。 年長児の好きな遊びは、 折り紙でみかんばこを作ることと 縄跳びで前跳びや後ろ跳びにチャレンジをすることでした。 年少児は保護者の方と一緒に 「誕生日のプレゼント」のダンスをしました。 みんなの遊びはペアで「やきいもグーチーパー」をエアで。 先生からのプレゼントは「ねずみのいもほり」の 大型絵本の読み聞かせ。 お芋ほりが楽しみになりました。   その後、にしやままつりに向けて、 幼稚園のだんじりを小屋から出しました。 その後、だんじりの掃除や提灯などの準備をしました。 お祭りの日が楽しみになりましたね。   さんさんひろばでは、 ハロウィンに向けて、ジャックをランタンのスノードームづくりをしました。 中にパンプキンの形などのグリッターを入れて、 揺らすとキラキラきれいです...
20日の日、お米の先生に来ていただいて、 稲刈りをしました。 6月の田植えではあんなに小さかった苗が こんなに大きな稲になりました。   お米の先生はお米の話や稲から食べるお米になる までに手順をわかりやすく話してくださいました。 お米という字は、八十八になり、お米は八十八の手間がかかること。 稲刈りをした後、脱穀をして稲をわらともみに分けること。 もみをもみ殻と玄米に分け、玄米を精米してぬかと白米になること。 お米にはたくさんの手間と愛情がこもっているんですね。     また、稲刈りの手順や干す方法も教えてくださいました。 おかげで、一人一人収穫ができました。 年長組の子どもたちが年少組の子どもたちに輪ゴムで止める方法を 教えてくれました。 2週間、乾燥させるとおいしくなるそうです。 稲のいい香りが広がりました。 お米の先生、ありがとうございました。  
今日は音楽家の樋口友佳子さんが来てくださって、 鍵盤ハーモニカのミニコンサートと指導をしてくださいました。 1部は年少組も年長組も一緒に、 様々な鍵盤ハーモニカを紹介していただいたり、 仲間も楽器のことも教えていただいたりしました。 高い音のソプラノ鍵盤ハーモニカや 低い音のバスという種類もあって、 音も違っていました。   鍵盤があるのに笛の仲間の楽器では 子どもたちがよく知っている ピタゴラスイッチの曲も演奏してくださいました。 鍵盤ハーモニカでの「あかとんぼ」の美しい音色や ピアノと鍵盤ハーモニカを両方演奏しての曲など、 吹き方で変わる様々な音色を聴かせていただきました。 年少児もみんな「けんハモはかせになったよ」「楽しかった」と 話していました。   2部では、 年長組が鍵盤ハーモニカについて 教えていただきました。 楽器を大切にして、いつまでもいい音が出るための 使い方や約束も教えていただきました。 約束を守って吹くと きれいな音が鳴るそうです。 そして、かっこいい音が鳴る魔法の言葉も教えていただきました。 年長組の子どもたちもすっかりけんハモ博士になって、 演奏することが楽しみになりました。 ...
今日は給食室から火災が発生したことを想定して、 好きな遊びの時間に避難訓練を行いました。 雲梯のところや砂場など 園庭のいろいろなところで遊んでいたのですが、 放送をよく聞いて、 さっと集まることができていました。 集まってからもよく話も聞いていました。 自分の命を守るために大切ですね。 そして、お・は・し・もの約束も確認しました。 先生たちも消火訓練を行いました。 大切な命を守るために訓練をしていきます。 ご家庭でも、もしも火事の時、地震の時にどうするかを 考えるきっかけにしてくださいね。
2学期になって初めての城山登山でした。 年少組は、1学期に行けなかったので、 初めての城山です。 今まで「しろ、しろ、しろやま~♪」と 城山の歌を歌って、楽しみにしてきました。 さすが、運動参観日を終えて、 にしやまパワーがたくさんになった子どもたち。 城山の麓までは、年長組と年少組のペアで 登りました。 そして、 麓からはクラスごとで登りました。 恐竜広場から、遠くの海の向こうまで見えました。   山頂に登ると、 先に登った年長組の子どもたちが 年少組の子どもたちを出迎えてくれました。   ドングリや葉っぱなど 秋を楽しんだ山登りでした。 そして、子どもたちのにしやまパワーを感じました。